前ページ 目次へ

中性子過剰核の核構造探索実験
ページ3


さて、ここまで読んで頂くと、それで?という疑問を発する方も
いらっしゃるかもしれません。
実はこのようなユニークな不安定核の構造を把握する事は、
物性や天体物理など、他の分野の
不透明な現象を説明するのに役立つのです。
そもそも、原子核という分野自体が、
物質の根源を探り、多種多様な物理的事実に辿り着くための
基礎研究なのです。

ちなみに、実験をカナダでやると言っても、
ずっとカナダにいるわけではありませんし、
関連した実験を京都大学原子炉研究所で行なっていたりと、
自由度と柔軟性に富んだプロジェクトになっています。

前ページ
目次へ