2)実験装置


カナダ・TRIUMF研究所 OSAKAビームコースの実験装置






超流動ヘリウム・クライオスタット
in 核物理研究センター
中央の装置が超流動ヘリウムを
貯めるための
クライオスタットと呼ばれる装置。
この中で液体ヘリウムを-272℃まで
冷却し、超流動状態にする。
そして、超流動ヘリウム中に
エネルギーの高い原子核ビームを
打ち込み、様々な研究を行う。





リングサイクロトロン本体(左)と不安定核ビームライン・ENコース(右)
in 核物理研究センター






超流動ヘリウム中での原子の
レーザー分光実験用レーザーたち
in 理化学研究所
手前からそれぞれ、
連続発振Nd:YAG固体レーザー
アルゴンイオンレーザー、
連続発振リングTi:Sレーザー
と並んでいる。
この他にも、フェムト秒パルスレーザー、
リング色素レーザー、
エキシマレーザー、
パルス発振Nd:YAGレーザー、
パルス発振色素レーザー
など、様々なレーザーを有している。





前のページへ 写真館トップへ 次のページへ