研究内容の目次へ
研究生活の紹介

私達下田研究室では、研究紹介でも書いてある通り
原子核、特に地上に存在しない不安定な原子核の研究を行っています。
実は私達の研究室における研究は世界でもトップレベルの研究(自称)です。
先日も、世界中で注目されていた11Liという不安定原子核の内部構造を
実験により調べることに成功しています。
(詳しい研究の内容についてはこちらを見てください)
しかも、私達の行う実験には『サイクロトロン』などの
加速器(物質をスゴイ速さに加速する装置)というものを用いるのですが
なんと電気代が一日だけでウン百万円かかります。
それに見合うだけの成果を出しているわけです。
ここでは、そんなスゴイ研究をしている私達の
日々の研究室での生活などを紹介したいと思います。



下田研ってどんなとこ?

凄い研究をやってる、といっても普段の生活はいたって普通です。
基本的に下田研では研究生活は自由なもので、
時間についてもあまり制約はありません。
みんな、それぞれのペースにあわせて、
好きなときにきて好きなときに帰ります。
ただ、あまりに顔を見かけないと忘れ去られちゃったり
捜索願が出たりするのでご注意を…。

研究室に来たら、みんなそれぞれ好きな事をして過ごします。
先生なんかに頼まれた仕事や、自分の勉強、実験の練習、
コーヒー飲んでおしゃべりしたり、落書したり、
読書にいそしんだり…。

研究室の決まった行事としては、毎週の研究室ミーティングと研究室ゼミ、
そしてセミナーといったところです。
この研究室ミーティングでは、それぞれの研究成果を発表します。
研究室ゼミでは研究テーマに関連した論文の内容についてを、
セミナーでは基本的な原子核物理の教科書を、
それぞれみんなで勉強します。
研究や予習をあまりにもサボっちゃってた人は、ここでボロが出て
教授の鋭いツッコミにタジタジになってしまいます。おー怖い…
普通にやってりゃ、そんなことはあまりないですけどね。

研究のメインは、やはり何と言っても実験です。
(下田研は原子核物理の実験の研究室です)
年に何度か、実際に先述の『加速器』と言うものを使って本実験を行います。
長いときだと一週間くらい泊り込みで実験をします。
このときの実験データを解析して、私達は原子核の研究を行っています。
この本実験を成功させるために、日々の研究を
みんなで一致団結して行っているのです。




皆さんも興味があったら是非一緒に研究をしてみませんか?
興味がありましたら、いつでもご連絡ください。


研究内容目次へ