研究成果
(まだ少し作成中で抜けてるものアリ)
論文
2005年,2004年, 2003年,2002年, 2001年,2000年
学会発表
2006年, 2005年,2004年, 2003年,2002年


学術雑誌に掲載された論文

〜2005年〜
"Study of 11Be structure through β-delayed decays from polarized 11Li"
Y. Hirayama et al., Physics Letter B, 611(2005) p.239


〜2004年〜

作成中

〜2003年〜

作成中

〜2002年〜

作成中

〜2001年〜

作成中

〜2000年〜

作成中



学会など発表資料
〜2006年〜
日本物理学会 2006 秋季大会
中性子数51近傍の原子核における高スピン状態の研究(ppt)
(発表者:増江)
COE 2006 夏の学校 (ポスター発表)
中性子数51近傍の原子核における高スピン状態の研究 1 (増江)
ポスター(pdf)、原稿(pdf)
中性子数51近傍の原子核における高スピン状態の研究 2 (堀)
ポスター(pdf)、原稿(pdf)
2005年度 4年生 卒業論文
中性子数51同調体でのアイソマー探索(pdf)
2005年度 4年生 卒業研究発表会
中性子数51同調体でのアイソマー探索(ppt)


〜2005年〜
2005年日米合同ハワイ学会
New Laser Spectroscopic Study for the Measurement of Nuclear Moments
(発表者:古川)
International Quantum Electronics Conference 2005
Long Electronic Spin Relaxation Time of Cs atoms in Superfluid Helium
(発表者:古川)
日本物理学会 2005 春季大会
超流動ヘリウム中での準安定Mg原子のスピン偏極緩和
(発表者:古川)
超流動ヘリウム中の軽い不純物イオンLi+, B+の移動度測定
(発表者:若林 [代理-古川])
11Be*からのβ遅発低エネルギ−中性子測定による準位の同定とスピン・パリティ決定
(発表者:川合 [代理-下田])


〜2004年〜
日本物理学会 2004 春季大会
超流動ヘリウム中での光ポンピングと偏極緩和
(発表者:古川)
RCNP研究会 入射サイクロトロンの更新と展開する物理及びその応用
超流動ヘリウム中での不安定核原子のレ−ザ−分光と核構造研究への応用
(発表者:古川)
第一回TRIAC研究会
超流動ヘリウム中での光ポンピング法による偏極生成と核モ−メント測定への応用
(発表者:古川)
日本物理学会秋の分科会
超流動ヘリウム中での光ポンピングによる偏極生成とその緩和
(発表者:古川)


〜2003年〜
日本物理学会 2003 春季大会
超流動ヘリウム中でのCs原子の原子偏極緩和時間測定
(発表者:古川)
KUR研究会2003
超流動ヘリウム中の不安定核〜He II中での光ポンピングと核モ−メント測定
(発表者:古川)


〜2002年〜

作成中


TOPに戻る